About: admin

アメリカ看護留学をお手伝いします。

Recent Posts by admin

アメリカ看護師永住を目指す!~カウンセリングについて~

現在、たくさんの方から、個別カウンセリングのお申し込みをいただいております。 アメリカ看護留学は、ご相談者さまの学歴、職歴、希望する学校のタイプや州などによって、準備期間や必要書類などが大きく異なる上、渡米後の生活を念頭にさまざまな観点から進める必要があります。 『個別カウンセリング』 は、ご相談者様ひとりひとりに合った的確で具体的なアドバイスを 「Eメール」 「スカイプ」 「ライン」「ライブ同時カウンセリング」 を利用してご提供させていただきます。 詳細はお問い合わせください。 初回カウンセリング無料 (面談、特別なケースは有料): Eメール一往復/電話・スカイプ・ライン一回    ...
Read more

NCLEX書類審査とRN取得後の現状

~NCLEX書類申請代行サポート! 今なら、特別割引 $100 OFF★ 5/28までのお申込み限定~ ステップ❶書類査定  早割$100 OFF ステップ❷書類作成代行パッケージ  オプション申込可能 「事前の準備や情報収集に力を入れましょう。NCLEX書類審査について」 2017年11月3日更新 2016年12月14日掲載 NCLEX (National Council Licensure Examination)とは、日本でいえば看護師国家試験にあたります。つまりアメリカで正看護師になるためには、このNCLEXに合格する必要があります。たとえ日本で正看護師資格を取得していても、アメリカではNCLEX書類審査を受けて合格しなければなりません。またアメリカの看護師資格は、各州ごとに受験書類審査基準が異なります。しかしほとんどの州で、各州毎の英語試験合格やTOEFL、IELTS スコア、ソーシャル・セキュリティー・ナンバーの提示義務があることは、昔も今も変わりません。 2009年7月頃から、NCLEXの書類申請した人、またはこれから申請を検討している人などから、申請書類や関連事項に関して、さまざまな質問や相談を受けることがとても増えています。これは米国各州の申請提出や審査基準が異なる為です。 以下は、実際に私がご相談を受けた一例です。 「カリフォルニア州で書類申請予定ですが、各教科の時間数を記入していますが、当てはまらない教科名と時間数をどのように書いてよいかわかりません。みなさんどうしてますか?」 「ニューヨーク州でCGFNS(Commission on Graduates...
Read more

《NCLEX 情報》

≪看護審議会(BRN)について≫ 各州には看護師審議会があります。たとえばカリフォルニア州には「カリフォルニア州看護審議会(California Board of Registered Nursing)」があり、カリフォルニア州が認可している国家試験(NCLEX-RN)を受験するに値する看護学科の習得を要求しています。 その条件には、以下5つが含まれています。 A. 特定の科目の習得。 B. 一定の講義時間数。 C. 解剖学、生理学、微生物学を含む実験時間数。 D. 看護実習の時間数。 E. 審議会の要求に対し、何が足りないかは、審議会が申請者に直接指摘します。その指摘に応じて、申請者が対応し、受験再申請を行うことも可能です。 各州毎にNCLEX受験申請をする条件を満たしていなければ、全米での受験許可すら認めません。まして、就職となれば、労働許可証、SSN無しにはチャンスなどありません。 弊社では、このNCLEX書類査定を渡米前から開始し、就労許可証を発行する看護学校入学までのサポートをしております。就職面接ではTOEFLスコア取得者は有利になる事実もあります。もしご自身でBRNに提出し返却されてしまった書類の修正はとても時間を要し、受験許可を受けるのは厳しいのが現実です。このことを踏まえた上で書類作成をお勧めします。 カウンセリングお申し込み...
Read more

Recent Comments by admin

    No comments by admin yet.